偏頭痛の予防

発作が過ぎるのを我慢したり自己判断で購入した市販の薬でごまかしてしまう方が多いのですが、偏頭痛は他の病気の症状の1つとして現れる場合もあり、最悪の場合は死亡する可能性もある病気ですから、症状を自覚したらまずは病院へ行きましょう。(↓以下続く)

偏頭痛の予防(詳細)

予防として普段から薬を飲む方もいますが、これは薬の効果が徐々に薄れて効かなくなる事と、副作用の危険性が出てくるため、あまりおすすめできません。(もちろんお医者さんから処方されている場合は別です)特に鎮痛剤は予防的に服用してはいけません。

偏頭痛の原因は様々で、個人によって事情が異なります。原因が特定できない偏頭痛も珍しくはなく、医学に精通していない個人が自身の偏頭痛の種類を割り出すのは簡単ではありません。

偏頭痛の予防はその種類によってまた対処の方法が変わります。ご自分の症状に合わせた治療を受け、発作の予防に備える事が大切です。

一般的には生活環境の悪さは頭痛を引き起こしますから、普段の身体的・精神的に健康な生活を心掛けることが予防になるでしょう。

過労やストレスは偏頭痛の引き金になりやすいので、規則正しいリズムで生活しましょう。ハードな仕事は最中も大きなストレスになりますが、仕事を終えた直後も解放感からそれまで緊張していた血管が拡張して偏頭痛を起こす場合もあります。

また寝不足も良くありませんが、睡眠の摂りすぎもまた頭痛を発生させます。

既に発作をお持ちの方には、環境の変化が頭痛を誘因しやすい状態にありますから、人込みや過度の騒音、喚起の悪い場所や強すぎる陽射しを避けるなど、ささいな刺激を避けて偏頭痛を誘発する原因を回避するようにしましょう。

また、マグネシウム不足が偏頭痛の原因として挙げられる事もあるので、日々の努力で偏りのない食生活を保つことも重要です。


HOME | 偏頭痛の原因 | 偏頭痛の種類 | 偏頭痛の予防 | 偏頭痛に関するQ&A
Copyright 偏頭痛のすべてがわかる All rights reserved.