偏頭痛の原因

偏頭痛には、軽いものから死に至るものまで様々な種類があり原因も幅広く考えられます。偏頭痛の代表ともいえる「緊張型頭痛」はストレスによるの症例が多いのが特徴で、精神・身体的に快適ではない生活環境が原因のひとつとして挙げられます。(↓以下続く)

偏頭痛の原因について(詳細)

過労や睡眠不足、急激な環境の変化は精神的・身体的ストレスを引き起こし、ついには頭が重く締めつけられる頭痛の症状となって現れます。

また、食生活の偏りは現代社会の重要な問題ですが、マグネシウムの不足も偏頭痛の原因として考えられています。

脳内からマグネシウムが不足すると、細胞中のカルシウムが溜まって血管が緊張します。血管の拡張は炎症を伴うと片頭痛や群発頭痛を発症させます。緊張した血管へ、更に前述したストレスなどの刺激が加わると血小板が凝縮します。血管の収縮は偏頭痛を引き起こしやすくなります。

日本人はストレス社会だけではなく、全体的にマグネシウムが足りないと言う食事の面でも問題を抱えています。

食事に関しては他にチーズやチョコレート、ワインによって偏頭痛が起きる可能性も報告されています。

偏頭痛の症状は個人によって差が激しく、原因も人それぞれ大きく違います。

体内の酵素欠乏は筋肉と血管の収縮に異常をきたし、各神経系を衰弱させますから、呼吸・深呼吸がうまくできないために偏頭痛を呼び起こすこともあります。

そして頚椎の歪みといった身体的なトラブルが頭内部に痛みを感じさせるなど、他の疾患の症状が偏頭痛という形で出るケースもありますので、こういう場合には市販の薬などで発作が一時的におさまっても、根本的な原因は解決しません。

また、遺伝という可能性もあります。偏頭痛の遺伝子を持った子供は、5歳あたりから偏頭痛の症状を訴え始めます。ただ子供でも受験勉強や人間関係でストレスは起きますから、一概に子供の頭痛が遺伝であるとは言い切れませんが、身内に偏頭痛持ちの方がいる場合、確立は高くなります。

また、偏頭痛は男性より女性の方がなりやすい傾向にあり、女性に最も多い症状は偏頭痛です。女性の場合は妊娠・出産・月経などの女性ホルモンの変化も偏頭痛の誘因として数えられます。


HOME | 偏頭痛の原因 | 偏頭痛の種類 | 偏頭痛の予防 | 偏頭痛に関するQ&A
Copyright 偏頭痛のすべてがわかる All rights reserved.