偏頭痛とは?

偏頭痛は文字通り頭が痛くなる症状の病気で、医学的には「片頭痛」と書きます。頭の表面ではなく、内部に感じる痛みを指します。日本人の約3割は何らかの慢性的な頭痛に悩まされており、比較的ポピュラーな病気です。(↓以下続く)

偏頭痛について

激しい頭痛がおきても半分以上の方が病院へ足を運んで治療を受けていません。

これは世界の中でも日本人は比較的我慢強い性格である傾向があるのと、日本人社会では頭痛が病気であるという認識が一般的に低いからといわれています。

症状が軽い場合では特に「いつもの事」だとして、我慢してやり過ごしてしまい、市販の薬で発作を抑える方が大半でしょう。

実は、何らかの頭痛を経験した事のない人の方が珍しく、日常生活に支障をきたすほど激しい頭痛に悩まされている人は、世界でも40%以上います。

しかし、偏頭痛はれっきとした病気です。くも膜下出血や脳腫瘍といった頭蓋内疾患を原因とする頭痛では、悪性の場合死に至るほど極めて危険です。

偏頭痛にも症状を引き起こす原因からいくつかの種類があり、似ているけれど異なる症状を伴う場合には誤診される事もあるくらいで、素人の個人が原因を特定するのは簡単ではありません。

どの病気にも言えますが、初期の段階で発見されれば深刻な種類の偏頭痛でも重要な障害の後遺症や死を避ける事もあります。悪性の場合のクモ膜下出血や脳腫瘍による頭痛は、毎年3万人に発症しています。

痛みなど少しでも異変を感じるのは、身体に異常があるからです。ご自身がなんの病気であるかを診断して貰い、その病気に対して適切な治療をしなくてはなりません。

また、偏頭痛では病院へ行っても原因が特定できないケースも多くあります。頭の内部の病気は、医学界でもまだ未知の領域です。たかが頭痛だとみくびらず、慢性的な痛みを感じるのであれば1度医師の診察を受ける事をお勧めします。


HOME | 偏頭痛の原因 | 偏頭痛の種類 | 偏頭痛の予防 | 偏頭痛に関するQ&A
Copyright 偏頭痛のすべてがわかる All rights reserved.

privacy